HOME > 客を招く猫たちの寺
2014年12月12日
客を招く猫たちの寺

招き猫

 

日本を旅行すると「招き猫(MANEKI-NEKO)」の置物を見かけるかもしれません。彼らは片方の手を挙げています。これは日本では誰かを呼ぶ仕草です。彼らはしばしば小判を持っています。

 

 

★Sponsored Link★

 

 

招き猫の起源については諸説あります。最も有力な説は東京・豪徳寺の伝説です。

 

豪徳寺(東京)

豪徳寺(東京)

 

井伊直孝(II Naotaka, 1590〜1659)は江戸幕府で重役を務めていました。ある日、直孝は鷹狩りに出かけました。雨が降ってきたため彼は木の下で雨宿りをしていました。そのとき、猫が彼に手招きしました。

 

 

直孝がその猫に歩み寄った時、彼が雨宿りをしていた木に雷が落ちました。猫のおかげで、直孝は雷の直撃を避けることができました。彼は猫に感謝しました。

 

棚の招き猫

 

以来、「招き猫」は幸福を招くと考えられています。今も、豪徳寺にはたくさんの招き猫が置かれています。直孝は武士だったので、豪徳寺の招き猫は小判を持っていません。ただ、通常の招き猫は小判を持っています。それは商売繁盛の縁起物です。

 

077115

 

豪徳寺の周辺には、猫の絵やオブジェがあふれています。最寄駅には招き猫の石像が置かれています。電柱には猫の絵が描かれています。

 

駅にあるオブジェ

駅にあるオブジェ

 

直孝は彦根藩主でした。彦根藩は今の滋賀県にあります。2007年、「彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターとして「ひこにゃん」が誕生しました。この白猫は頭に赤い兜をかぶっています。この赤い兜は勇猛で知られた井伊のシンボルです。このキャラクターは日本中で人気者になりました。

 

招き猫の起源については他の説もあります。例えば、東京・浅草にある今戸神社もその一つです。この地で「IMADO-YAKI」という陶磁器が製造されています。今戸神社は「猫の置物のルーツはこの陶磁器である」と説明しています。

 

今戸神社

今戸神社

 

 

【豪徳寺】googleマップ

【今戸神社】googleマップ

【ひこにゃん】google画像

 

 

その他のニュース
検索
このページについて教えてください。
(Please answer the questionnaire.)

母国語(Your mother tongu):

翻訳の正確性(Accuracy of the translation):

Translate »