HOME > 品川駅構内に置かれた電車型郵便ポスト
2015年2月19日
品川駅構内に置かれた電車型郵便ポスト

品川駅の電車ポスト1

 

一般に日本の郵便ポストは赤色です。しかし、このポストは電車の色に塗られています。この「電車ポスト」は品川駅に置かれています。

 

★Sponsored Link★

 

 

このポストは「距離標」としての役割も果たしています。品川駅は山手線の起点です。鉄道路線の起点には「0キロ・ポスト」が置かれます。この郵便ポストは「0キロ・ポスト」を兼ねています。つまり、ダジャレの一種です。

 

この列車ポストはレール上に置かれています。説明板によると、その形は郵便列車を模しています。オレンジと緑は1990年代までJR車両の標準の塗装でした。このポストはJR東日本の東京総合車両センターで製作されました。

 

品川駅の電車ポスト2

 

実は、品川駅は「日本の鉄道発祥の地」でもあります。この史実は日本人にもあまり知られていません。日本初の鉄道は1872年に品川・横浜の間を走りました。しかし一般には、「新橋・横浜」が記憶されています。これは品川は仮開業だったためです。リニア中央新幹線が2027年に開通します。東京側のターミナルは品川駅に置かれる予定です。

 

JRはかつて国有鉄道でした。しかし国鉄は1987年に分割民営化されました。郵便事業も国営でした。しかし、2007年に民営化されました。日本郵政は秋以降に上場する予定です。このポストは元国営の「JR」と「JP」による共同作品です。

 

【品川駅】googleマップ

その他のニュース
検索
このページについて教えてください。
(Please answer the questionnaire.)

母国語(Your mother tongu):

翻訳の正確性(Accuracy of the translation):

Translate »