HOME > 五色塚古墳:最も美しい古墳
2015年2月25日
五色塚古墳:最も美しい古墳

五色塚古墳

 

日本の西部にはたくさんの古墳があります。それらは3〜7世紀ごろに建てられました。最も美しい古墳の一つが「五色塚古墳(GOSHIKIZUKA-KOFUN)」です。

 

★Sponsored Link★

 

 

この古墳は兵庫県神戸市にあります。それは西暦500年前後に築造されました。全長は194メートルで、高さは11メートルです。この地域を治めていた豪族の墓だと考えられています。

 

ほとんどの古墳は木や草に覆われています。しかし、この古墳は復元されています。このため、私たちは完工直後の古墳の姿を見ることができます。その表面は葺石で覆われています。聖域は埴輪によって囲まれています。遠くから眺めると、古墳は輝いて見えます。それが「五色」という名の由来かもしれません。

 

五色塚古墳2

 

古墳は円形と四角形を組み合わせた形をしています。上空から見ると、それは鍵穴の形です。この古墳の形式は朝鮮半島から伝えられました。

 

五色塚古墳の看板

 

この遺跡には立ち入ることができます。古墳の頂上からは明石海峡大橋を見ることができます。この橋は世界最大の吊り橋です。この場所はこの橋のビュースポットとしても知られています。

 

【五色塚古墳】googleマップ

 

その他のニュース
検索
このページについて教えてください。
(Please answer the questionnaire.)

母国語(Your mother tongu):

翻訳の正確性(Accuracy of the translation):

Translate »