HOME > 池袋の「乙女ロード」。オタク女子にとっての聖地
2015年1月12日
池袋の「乙女ロード」。オタク女子にとっての聖地

乙女ロード

 

秋葉原は「オタクのための聖地」として有名です。これに対し、東京・池袋にオタク女子向けの店が集まる地区があります。この通りは「乙女ロード(OTOME ROAD)」と呼ばれています。OTOMEは日本語で少女を意味します。

 

★Sponsored Link★

 

 

オタクといえば、そのほとんどが男性でした。しかし近年は、オタク女子が増えてきました。特に「ボーイズ・ラブ」という同性愛の漫画を好む女性は「腐女子(FUJOSHI)」と呼ばれています。これは「腐った女子」という意味です。この言葉にはやや自虐的なニュアンスが含まれているようです。

 

「乙女ロード」は約100メートルのささやかな通りです。この通りには漫画やキャラクターグッズを販売する店があります。「執事喫茶」もあります。このカフェの男性店員は執事のコスプレをしています。いわば、これは女性向けの「メイドカフェ」です。

 

乙女ロードは秋葉原と比べるとかなり小規模です。長い歴史もありません。それは2005年ごろから注目されました。しかし、この地区は独特な文化を育んでいます。

 

乙女ロード2

 

【乙女ロード】googleマップ

その他のニュース
検索
このページについて教えてください。
(Please answer the questionnaire.)

母国語(Your mother tongu):

翻訳の正確性(Accuracy of the translation):

Translate »